アタラ合同会社 Official note

企業のデジタルマーケティングの自走化を支援するアタラ合同会社の公式noteです。アタラでの働き方やどんな社風なのか、デジタルマーケティングに関するTipsなどをご紹介します!

アタラの「ビジネス・インテリジェンスを極める」

アタラでは、DomoやTableau、Google データポータルといったBIツールを活用したビジネスダッシュボード構築支援を行っています。ここでは、コンサルタントが培ったBIに関するノウハウやTipsを紹介していきます。

  • 14本

Unyoo.jp特選記事PICK UP!③「データビジュアライゼーション玉手箱」

こんにちは!アタラ合同会社マーケティングチームです。 前回の「Unyoo.jp特選記事PICK UP!②」では、『Unyoo.jp』から、ダッシュボードをより活用していくためのヒントをまとめたコラム記事をご紹介しました。 今回も、ダッシュボードの導入を考えていたり、すでに導入していてもっと活用したい!というマーケターの方々に向けたお役立ち記事をご紹介します! PICK UP ③:連載「データビジュアライゼーション玉手箱」 本連載は、どのようなデータをどう使い、可視化し

スキ
1

Unyoo.jp特選記事PICK UP!② 「ダッシュボードをアクショナブルに活用する10の視点」

こんにちは!アタラ合同会社マーケティングチームです。 前回の「Unyoo.jp特選記事PICK UP!」では、「BIシステム」とは何か?というお話と、『Unyoo.jp』からダッシュボードづくりのヒントとなるシリーズ記事をご紹介しました。 今回も引き続き、BIシステムについてもっと知りたい、さらに活用したいといったマーケターの方々向けに、おすすめ記事をご紹介します! PICK UP ②:コラム「ダッシュボードをアクショナブルに活用する10の視点」 本記事では、日本でも導

スキ
1

Unyoo.jp特選記事PICK UP!①「データストーリーテリングなダッシュボードを構築するポイント」シリーズ

こんにちは!アタラ合同会社マーケティングチームです。今回は、「BIシステム」についてのお話をしてみたいと思います。 BI(ビジネス・インテリジェンス)とは、企業の迅速な意思決定や継続的な業務改善のために、必要なデータを必要な人に、必要とする形で届けられる仕組みのことを指します。 「BIシステム」を活用することで、経営課題の解決やビジネス施策のためのデータの管理を容易にし、様々な角度で視覚化、情報共有を加速させ、適切な意思決定とインタラクションの実行の迅速化が可能になります

(再掲)BIツールで、働き方改革を実践してみた! 第2回:Domo&IoTで、エネルギーコスト削減・環境作成編

◇前回のおさらいこんにちは。アタラ合同会社でBIコンサルティングを中心に、企業のDXを支援する業務を担当している、児玉と言います。 第1回では働き方改革においてスマートオフィスの取り組みが普及し始めていること、そしてスマートオフィスづくりに欠かせない省エネルギー化のために、BIツールとIoTを組み合わせたダッシュボードが有効だということを紹介しました。 ※参考リンク: 下の図が、収集から分析・解析、活用・改善までの仕組みの流れを表したものです。 ◇実際に環境を作ってみ

スキ
4

アタラではたらくということ

本マガジンでは、アタラに所属するメンバーに、アタラでの働き方や業務について聞いてみました。アタラってどんな会社なの?どんな人が働いているの?といった疑問にお答えします!

  • 3本

広告運用で0.5歩先を見通す方法

前回の記事で、未来なんて誰も分からないということを書いた。 『そう言われても…』 『とは言え…』 という感想を、何人かの後輩から言われた。 前回の記事に書いた通り、本当の未来は誰もわからないけれども、0.5歩先くらいなら見通すことは可能かなと思っている。あくまで僕の経験値だけれども、広告運用の機能やプラットフォームの半年後〜1年以内に起こることは、ある程度予測は可能だと思っている。おそらく広告運用経験が長い人たちは、0.5歩先くらいなら見通すことが出来ていると感じることが

スキ
8

広告運用の現在から過去と未来を考える

アタラでコンサルタントを経験し、現在はrinobligeでデジタルマーケティング支援や広告運用を行っている和泉晴之です。 パンデミックにより世の中が大きく変わっている中で、広告運用者はどうすべきか、広告運用がどうなっていくのか、不安を抱いている人も多いと思います。 そんな現在のインターネット広告業界の状況と、アタラでの経験も振り返りながら、広告運用者の未来を考察していきたいと思います。 追い風は吹いているけれども……2020年3月から始まった世界的なパンデミックは、日本

スキ
34

アタラってどんな人が働いてるの?メンバーに聞いてみた① 高瀬 優さん

こんにちは。アタラのマーケティングチームです。「ATARA(新)しいもの」、「ATARA(新)しいアイデア」、「ATARA(あったら)いいな」を実現する をMissionに掲げるアタラには、このMissionを共有しつつも、それぞれに尖ったスキルを持った個性的なメンバーが多数在籍しています。 「アタラにどんなイメージを持っていますか?」と聞いたときに、よく「職人集団のイメージ」というお言葉をいただきますが、この”職人たちのごった煮感”こそが、アタラらしさと言えるかもしれませ

スキ
9

広告レポーティングに役立つコラム

アタラが提供している運用型広告レポート作成支援システム「glu(グルー)」のお役立ち情報を発信します。

gluとGoogle データポータルで作成する案件一覧ダッシュボード

広告運用者がBIシステムを導入し、広告パフォーマンスを管理するニーズが高まってきている中、Google データポータル(旧:Googleデータスタジオ)はGoogle 広告を運用する上では相性がよく、無料ではじめられる利点もあり、注目が集まっています。 今回は、データ収集システムであるgluとGoogleデータポータルで作成できる、リーダー・マネージャー向けの案件一覧ダッシュボードをご紹介します。 クリエイティブ別実績レポートイメージ 早速ですが下図は、データポータルで作

スキ
1

Google データポータルの機能紹介(円グラフ)

広告運用者がBIシステムを導入し、広告パフォーマンスを管理・分析するニーズが高まってきている中、Google データポータル(旧:Google データスタジオ、以下データポータル)は、無料ではじめられる利点もあり、注目が集まっています。 本コラムでは、データポータルでよく利用する機能をご紹介します。 今回ご紹介するデータポータルの機能は、「円グラフ」です。 円グラフの活用目的円グラフは、何らかの構成比率を表す際に活用できるグラフです。例えば、男女別、年齢別、デバイス別な

スキ
7

Google データポータルの機能紹介(データの統合)

広告運用者がBIシステムを導入し、広告パフォーマンスを管理・分析するニーズが高まってきている中、Google データポータル(旧:Google データスタジオ、以下データポータル)は無料で利用できる点もあり、注目が集まっています。 本コラムでは、データポータルでよく利用する機能をご紹介します。 今回ご紹介するデータポータルの機能は、「データの統合」です。 データの統合とはデータの統合とは、2つ以上のデータソースを、共通の結合キーを基に、横に結合する機能です。 例えば、

スキ
2

Google スプレッドシートと連携しているGoogle データポータルのデータソースの切り替え方法

※こちらはgluサイトにて掲載しているコラムの転載記事です。 広告運用者がBIツールを導入し、広告パフォーマンスを管理・分析するニーズが高まってきている中、Google データポータル(旧:Google データスタジオ、以下データポータル)は無料で利用できる点もあり、注目が集まっています。 本コラムでは、Google スプレッドシート(以下スプレッドシート)をデータソースとしているデータポータルにおける、効率的なデータソースの切り替え方法を紹介します。 データソースの切

スキ
4

押忍!アタラ 月イチ道場レポート

押忍!アタラでは、各コンサルタントのスキルやナレッジをメンバーに共有する場として、週一回「アタラ道場」を開催しています。本マガジンでは、アタラ道場で実施した内容を月に一度まとめてお届けします!

  • 6本

【月イチ】ナレッジハイライト2021年6月編 KPIマネジメントのいろは、ほか

こんにちは。アタラで運用型広告最適化のコンサルティングを担当している、張です! アタラでは、毎週「アタラ道場」という勉強会を開催しています。この勉強会は、媒体のアップデートについての共有や、昨今のマーケティングトレンドに留まらず、メンバーそれぞれの強みを活かしたナレッジの共有を、毎回一人のコンサルタントが「師範」として持ち回りで行っています。 本記事では、勉強会の様子を皆さんにもシェアしたいと思います! 6月は実際に顧客分析に活用できる「ユーザーエクスプローラー×顧客デ

スキ
3

【月イチ】ナレッジハイライト2021年5月編 簡単!ホームセキュリティの作り方、ほか

アタラでコンサルタントをしている小出紘大(通称:ひろ)です。 アタラでは、毎週「アタラ道場」という勉強会を開催しています。この勉強会は、媒体のアップデートについての共有や、昨今のマーケティングトレンドに留まらず、メンバーそれぞれの強みを活かしたナレッジの共有を、毎回一人のコンサルタントが「師範」として持ち回りで行っています。 本記事では、簡単にではありますが、勉強会の様子を皆さんにもシェアしたいと思います! 5月はIoTを手軽に実践した「簡単ホームセキュリティ」と、運用

【月イチ】ナレッジハイライト(2021年4月編)

アタラでは、毎週「アタラ道場」という勉強会を開催しています。この勉強会は、媒体のアップデートについての共有や、昨今のマーケティングトレンドに留まらず、各コンサルタントの強みを生かしたナレッジの共有を「師範」として持ち回りで行います。 5回目となるこの道場レポートでは4月に行われた道場の内容を紹介します。 ◇マーケター自身のマーケティングを考える この回は小出師範による「マーケター自身のマーケティングを考える」会でした。小出師範は新卒でYahoo!JAPANのアカウントマ

スキ
3

【月イチ】ナレッジハイライト(2021年3月編)

アタラ合同会社マーケティングコンサルティングチームの箕浦弘騎です。今回で4回目の投稿(私個人としては2回目)となります。プライベートでは、「モンスターハンターライズ」をひと通りクリアし、アプデを楽しみにしている感じです。 本当はGWには沖縄旅行にでも行きたいのですが、緊急事態宣言も発令されており、なかなか旅行は難しそうです😟 とまぁ雑談はこのくらいにして、ここからは2021年3月に実施した道場のふりかえりを行いたいと思います。 普段完全にリモートワークのため、他チームの

スキ
4

アタラ CEOが日々思うこと

アタラのCEO 杉原が日頃考えていることや、業界に対する思いを綴ります。

  • 14本

在宅勤務で取り組み始めたこと

※こちらは2020年3月28日にATARAサイトにてCEOブログに掲載されたものの転載となります。 新型コロナウィルスの影響で、東京都は本日2020年3月28日から外出自粛となりました。今、自宅でこのブログを書いています。 アタラでは2020年3月2日から完全在宅勤務に切り替えています。ただ、2009年の創業時から今までずっとテレワーク勤務体制をとってきたので、個人的にはこれまでと何ら変わりのない生活・仕事パターンとなっていると言っても過言ではありません。 ただ、3月は

スキ
1

スイスにDXを学びに行ってきました

※こちらは2019年12月24日にATARAサイトにてCEOブログに掲載されたものの転載となります。 参加のきっかけと理由今年、2019年11月の最終週の1週間ほど、スイスのローザンヌにあるIMD(International Institute for Management Development:国際経営開発研究所)にデジタルビジネス・トランスフォメーションをテーマにした短期プログラム(Leading Digital Business Transformation)に参加

スキ
1

オーリーズさんと提携しました

※こちらは2019年2月26日にATARAサイトにてCEOブログに掲載されたものの転載となります。 2019年2月26日に株式会社オーリーズとの資本業務提携を発表いたしました。 株式会社オーリーズとの資本業務提携に関するお知らせ ~デジタルトランスフォーメーション支援を共同推進~ https://www.atara.co.jp/news/alls-atara.html オーリーズさんとは4年前に出会い、お話を伺うにつれ、運用型広告の良さを捉えたサービスを展開しつつも、旧

フェロー制度を発足しました

※こちらは2018年1月11日にATARAサイトにてCEOブログに掲載されたものの転載となります。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 アタラの旧役員である岡田吉弘さん、有園雄一さんにアタラ初の「フェロー」になっていただきました。 フェローというのは、私も過去に所属した会社でも制度としてありましたが、意外とわかりづらい概念でもあります。Wikipedia曰く、企業、大学、研究所、シンクタンク研究職に従事する者にあたえられる職名または称号で、特定の分野に関して著しい貢

スキ
3