見出し画像

Voicy公開しました:#62 Google、広告事業の一部分離はあるか。米反トラスト法違反訴訟をかわすため譲歩を提示

アタラのマーケティングチームです。

CEO杉原のVoicyチャンネル「プラットフォームの思考回路」にて、「#62 Google、広告事業の一部分離はあるか。米反トラスト法違反訴訟をかわすため譲歩を提示」を公開いたしました。

2022年7月8日付けのWall Street Journalによると、Alphabet Inc.のGoogleは、同社の巨大な広告テクノロジー事業を狙った米国の反トラスト法訴訟の可能性を回避するため、譲歩案として、Webサイトやアプリに広告をオークション形式で掲載する事業の一部をアルファベット傘下の別会社に分割することを提案している、とのことです。

Googleにまつわる訴訟は多くある印象ですが、今回は待ったなしの状態ではないか。今回の放送では、この記事に関して解説をするとともに、考察をしています。

ぜひお聴きください!


この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

アタラでは一緒に働くメンバーを募集しています