見出し画像

年始に公開した「広告プラットフォームの2024年業界予想」はどこまで当たったのか:半年経ったところで振り返る

広告運用とマーケティングの情報サイト「Unyoo.jp」では、毎年年初にアタラ株式会社のCEO杉原がその年の広告プラットフォーム業界の予想を公開しています。

2024年は10の予想を立て、その一つ一つを詳細に解説する記事を公開しました。

広告プラットフォームの2024年業界予想 記事一覧

予想1:ChromeのサードパーティCookieサポート廃止による混乱が発生する

予想2:日本のリテールメディアにブランドによるPoCや実験的予算がつく。オフサイト配信が増える。標準化が課題に

予想3:AIはプラットフォームの機能やサービスにさらに侵食する

予想4:TikTokが興味コマースを大きくリードし、展開を大幅に加速へ

予想5:プラットフォーム間パートナーシップが増える

予想6:MFA、詐欺広告、アドフラウド等と向き合う年に

予想7:メディア・パブリッシャーのビジネス苦境。生き残りをかけた年に

予想8:Netflixが独自広告プラットフォーム開発へ
予想9:Appleが広告事業拡大

予想10:レイオフは続く

2024年前半を振り返って今後取るべきアクションは何か

2024年も半分が過ぎようとしている今、年始に発表した10の予想のうちどの程度“当たり”が出ているのでしょうか。

Unyoo.jpの記事やVoicyチャンネル「プラットフォームの思考回路」でもお伝えしているとおり、CromeのサードパーティCookie廃止スケジュールの延期が決まったり、Netflixが独自広告プラットフォーム開発を進めたりと、予想1や予想8については現実化している状況です。

そこで、7月に、2024年プラットフォーマー予想を振り返りつつ、年後半の予想や、推奨されるアクションについてお話する「ATARAランチタイムLIVE」を実施いたします。

ランチタイムに行う45分のセッションです。ご興味あればお気楽に視聴ください。

▼ 参加登録はこちらからお願いいたします

ATARAランチタイムLive 開催概要

  • テーマ:2024年プラットフォーマー予想中間レビューと年後半アクション

  • 日時:2024年7月12日(金)12:00〜12:45

  • 会場:オンライン(Zoomウェビナー)

  • 主催:アタラ株式会社

  • 参加費:無料(※要事前登録)

  • 登壇者:アタラ株式会社 代表取締役 CEO 杉原剛

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

アタラでは一緒に働くメンバーを募集しています